閉じる
  1. 教育ローンは仮申し込みから始めよう
閉じる
閉じる
  1. 教育ローンの融資実行を早くしてもらうためのポイント
  2. 教育ローン審査を受ける前の注意点とは?
  3. 教育ローン審査に通過する為に必須の返済能力とは
  4. 早く教育ローンを利用するためにはネットを有効活用
  5. 教育ローン審査は慎重で金利が低い理由とは
  6. 教育ローンを利用するならここに注意だ
  7. 教育ローンは仮申し込みから始めよう
  8. 教育ローンを申し込める条件と審査内容とは
閉じる

【教育ローン】奨学金審査に不安なら銀行で借りる学資ローン約10社金利比較

確実に教育ローンの審査を通るには!

子供の教育資金はとてもお金がかかるものです。

高校進学、大学進学とその金額は驚くほどですが、出来る限りの事は

してあげたいと思うのが親心というものです。

近年は金融機関の教育ローンを利用する方も多いです。

一般的にこの教育ローンと呼ばれるものは無担保のローンですので、 住宅ローンなどに比べれば審査基準などは非常に甘いものとなっています。

それでも、この審査に落とされてしまうという事は良くあります。

そのような時は消費者金融系の限度額が高いカードローンへの申込をオススメします。

【アコム】審査に落ちない為の3ポイント! ※口コミ・評判・申込

また借入申し込みに行く前にきちんと自分の財政状況を見直した方がいいと思います。

微妙な事ではありますが、随分と違ってきたりするものです。


一般的な金融機関の借り入れ条件は


●前年度の税込年収が200万円以上

●勤続年数一年以上

●過去にクレジットカードやキャッシング等の遅延がないこと

●返済比率が年収の30%程度を超えないこと


となっています。ただしこれはギリギリのラインとも言われており、 実際には、年収は夫婦の収入合算で300万円以上、 勤続年数はは3年以上であるとほほ確実に借入が出来ると言われています。

一番、気をつけなくてはいけないポイントは他に借り入れがあるかどうか、 その金額が年収の30%を超えていないかという所でしょう。

たとえば、年収500万円の人が100万円の教育ローンを借りるとすると
100万÷500万=0.2=20%
と言う事になり、30%を超えていないので余裕を持って借りることが出来ます

しかし、実際は住宅ローンで月々7万円を返済しているとなると、
7万×12か月=84万円
100万+84万=184万円
184万÷500万=0.36=36% 
と言う事になり、返済比率が30%を超えてしまうので厳しい状況と言う事になります。

これは、隠してもその後の金融機関の調査で分かってしまいます。

その他、車のローンやクレジットカードのキャッシング額も他社のローンという形に なります。ここは、絶対に返済遅延などないように気をつけましょう。

もし返済比率が30%をこえているようであれば、少しでも返済出来るものはクリアに。

どうしても、駄目な場合は連帯保証人を立てるという条件提示も少しは違うと 思いますので駄目だと諦めずに一度、金融機関に相談してみるといいでしょう。

条件も金融機関によって違いますので比較してみること。 また国の教育ローンの方が審査基準も甘めとも言われています。

基本的には 免許証、健康保険証、源泉徴収票、住民票謄本、合格通知書、入学案内書及び募集要領、納付通知書、在学証明書等が必要です。 提出書類はきちんと揃えて、漏れのないように相談してみると良いと思います。

今や2人に1人の大学生が奨学金を利用していると言われている時代ですが、奨学金だけでなく教育ローンから学資を調達する世帯も増加傾向にあります。教育ローンは学資という大切な資金であることから、借入時の審査が最も簡易的なものであるカードローンなど…

子供が進学する際に便利に利用する事ができる教育ローン。この教育ローンのメリットと言えば、やはり金利の低さです。奨学金に比べると高い場合が多くなってますが、それでも、その他のローンに比べ、低金利でお金を借りる事が可能になっています。そんな…

教育ローンは国から受ける事が出来るものや、銀行や信販等の金融業者から受ける事が出来るタイプがあります。通常のカードローン審査の場合でも返済能力を問われて認めてもらう事でキャッシングやローンが出来ますが、教育ローンの審査は用途が自由なキャッ…

教育ローンの審査はかなり長いとされているので、出来る限り短縮するための方法を取らなければなりません。出来る限り短くできる方法を模索して欲しいですが、そのためにはネットを活用していかなければなりません。大手の銀行やJAのような団体であれば、イ…

金融業者でお金を借りる時には、用途が自由なフリーローンや、用途が明確な目的ローンがあり、目的ローンの方が金利設定が低くなり、審査項目も多くなり慎重になります。目的ローンはどうしても融資額が大きくなりますし、申し込みでは年収等の条件があって…

教育ローンは子供にいい学習をさせるためには重要となっており、出来る限り利用していきたいものです。しかしローンという商品は、当然返済をしていかなければならないので、返済が出来ないような収入だと利用することができません。ただ教育ローンを利用する…

多くの銀行では教育ローンで仮申し込みという制度を設けており、本当に申込みをする際に、条件に合致しているかを判断して貰うために申込みを行います。簡単な条件のもとで審査を行えるようになっており、この時点で通過できるようなら本当に申し込んでもほぼ…

教育ローンに申し込む際、まずは、申し込み条件にクリアしなければいけません。教育ローンと言うのですから、まずは、使用目的は教育に関してと限定され、大学、短大、専門学校などに必要となく教育費に限り申し込みを行う事が可能です。その他にも前年度…

ピックアップ記事

  1. kyouiku_loan155
    多くの銀行では教育ローンで仮申し込みという制度を設けており、本当に申込みをする際に、条件に合致してい…

メニュー

  1. 教育ローンの融資実行を早くしてもらうためのポイント
  2. 教育ローン審査を受ける前の注意点とは?
  3. 教育ローン審査に通過する為に必須の返済能力とは
  4. 早く教育ローンを利用するためにはネットを有効活用
  5. 教育ローン審査は慎重で金利が低い理由とは
  6. 教育ローンを利用するならここに注意だ
  7. 教育ローンは仮申し込みから始めよう
  8. 教育ローンを申し込める条件と審査内容とは
ページ上部へ戻る