閉じる
  1. 教育ローンは仮申し込みから始めよう
閉じる
閉じる
  1. 教育ローンの融資実行を早くしてもらうためのポイント
  2. 教育ローン審査を受ける前の注意点とは?
  3. 教育ローン審査に通過する為に必須の返済能力とは
  4. 早く教育ローンを利用するためにはネットを有効活用
  5. 教育ローン審査は慎重で金利が低い理由とは
  6. 教育ローンを利用するならここに注意だ
  7. 教育ローンは仮申し込みから始めよう
  8. 教育ローンを申し込める条件と審査内容とは
閉じる

【教育ローン】奨学金審査に不安なら銀行で借りる学資ローン約10社金利比較

教育ローンを申し込める条件と審査内容とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kyouiku_loan167

教育ローンに申し込む際、まずは、申し込み条件にクリアしなければいけません。
教育ローンと言うのですから、まずは、使用目的は教育に関してと限定され、大学、短大、専門学校などに必要となく教育費に限り申し込みを行う事が可能です。
その他にも前年度の年収基準もあり、一般的に200万円以上ないと申し込むことができないと言われています。その上で勤続年数も重視され、これらは最低限満たしていないと申し込みを行う事が出来ないと思っても良いと思います。
その上で、審査を通過する必要があるのですが、教育ローンの場合、その他のローンに比べ、非常に低金利になっています。その為、審査においても、審査基準が高いとも言われているのです。
もちろん、自己破産ど事故を起こしたことのある人は、審査を通過する事は出来ず、その他、住宅ローンやマイカーローンなどの一般的なローンを一度でも延滞したことがある人も難しいと言われているのです。延滞においては、公共料金の延滞においても、審査に影響を及ぼすと言われています。
また、滞納などを行った事がない人でもカードローンを数社利用している人は、教育ローンを利用する事が難しいと言われています。
その上で、返済比率が30%程度を超えないことも条件となっているようで、これらをすべてクリアしないと教育ローンの審査を通過する事が難しいと言われているのです。
一言で教育ローンと言っても、国が行っている教育ローンと銀行が行っている教育ローンとがあり、これら両者においても条件が少し異なってきます。
例えば、国の教育ローンの場合は、年収に関して最低限の年収の基準ではなく、世帯年収の上限が設けられています。すなわち、一定以上の高所得者は利用する事ができないのです。
やはり、国の教育ローンの方が低金利になっている為、このような条件が使用されているのだと思います。
これらのように、国か銀行かによっても、条件が異なってくる教育ローン。低金利な分、審査基準をクリアする事は難しい場合も多い事を忘れてはいけません。

関連記事

  1. kyouiku_loan68

    教育ローンを利用するならここに注意だ

  2. kyouiku_loan155

    教育ローンは仮申し込みから始めよう

  3. kyouiku_loan191

    教育ローン審査に通過する為に必須の返済能力とは

  4. kyouiku_loan169

    早く教育ローンを利用するためにはネットを有効活用

  5. kyouiku_loan51

    教育ローン審査は慎重で金利が低い理由とは

  6. kyouiku_loan76

    教育ローン審査を受ける前の注意点とは?

おすすめ記事

  1. 教育ローンは仮申し込みから始めよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. kyouiku_loan155
    多くの銀行では教育ローンで仮申し込みという制度を設けており、本当に申込みをする際に、条件に合致してい…

メニュー

  1. 教育ローンの融資実行を早くしてもらうためのポイント
  2. 教育ローン審査を受ける前の注意点とは?
  3. 教育ローン審査に通過する為に必須の返済能力とは
  4. 早く教育ローンを利用するためにはネットを有効活用
  5. 教育ローン審査は慎重で金利が低い理由とは
  6. 教育ローンを利用するならここに注意だ
  7. 教育ローンは仮申し込みから始めよう
  8. 教育ローンを申し込める条件と審査内容とは
ページ上部へ戻る