閉じる
  1. 教育ローンは仮申し込みから始めよう
閉じる
閉じる
  1. 教育ローンの融資実行を早くしてもらうためのポイント
  2. 教育ローン審査を受ける前の注意点とは?
  3. 教育ローン審査に通過する為に必須の返済能力とは
  4. 早く教育ローンを利用するためにはネットを有効活用
  5. 教育ローン審査は慎重で金利が低い理由とは
  6. 教育ローンを利用するならここに注意だ
  7. 教育ローンは仮申し込みから始めよう
  8. 教育ローンを申し込める条件と審査内容とは
閉じる

【教育ローン】奨学金審査に不安なら銀行で借りる学資ローン約10社金利比較

教育ローン審査を受ける前の注意点とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kyouiku_loan76

子供が進学する際に便利に利用する事ができる教育ローン。
この教育ローンのメリットと言えば、やはり金利の低さです。奨学金に比べると高い場合が多くなってますが、それでも、その他のローンに比べ、低金利でお金を借りる事が可能になっています。
そんな、教育ローンの利用を考える前にいくつかの注意が必要です。まず、申し込む条件として、教育資金と言う事は当たり前ですが、金融機関によって多少異なってくるものの、その他の条件としては、前年度の年収条件が必要になってきます。この額に関しては、金融機関によって、多少違いがあるものの、多くの場合、最低200万円以上必要になってくるようです。言いかえれば、それ以下の年収の人は、教育ローンの利用が難しくなってくると言う事なのです。
その際、多くの金融機関で勤続年数も重要になっており、年収と勤続年数の2点においてクリアする必要があります。
その上で、審査を受ける事になるのですが、これら以外にも教育ローンの場合、厳しい審査条件が待っています。教育ローンの場合、非常に低金利のローンになっている為、やはり、審査基準も高く設定されているからと言う事が言えると思います。
例えば、カードローンの利用。住宅ローンなどを利用している場合、滞納や延滞がなければ、利用していても関係なく教育ローンを利用する事が可能ですが、カードローンの場合、2社以上利用していると、審査が難しいと言われています。
また、いくら勤続年数が長くても、正社員出ない場合は、審査が難しくなってきます。
以上のような事が、教育ローンの審査を受ける前に確認しておくべき事項になっています。一見、厳しいように思う教育ローンの審査基準ですが、一般的な家庭の場合、さほど心配する事はないと思います。
ただし、年収や勤続年数。また、過去の滞納などに心当たりがある人においては、初めに窓口などで相談してみると良いと思います。その他の場合、ネットからでも申し込みが可能な銀行も多く、忙しい人でも無理なく審査申し込みを行う事が可能になっています。

関連記事

  1. kyouiku_loan51

    教育ローン審査は慎重で金利が低い理由とは

  2. kyouiku_loan191

    教育ローン審査に通過する為に必須の返済能力とは

  3. kyouiku_loan169

    早く教育ローンを利用するためにはネットを有効活用

  4. kyouiku_loan11

    教育ローンの融資実行を早くしてもらうためのポイント

  5. kyouiku_loan155

    教育ローンは仮申し込みから始めよう

  6. kyouiku_loan167

    教育ローンを申し込める条件と審査内容とは

おすすめ記事

  1. 教育ローンは仮申し込みから始めよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. kyouiku_loan155
    多くの銀行では教育ローンで仮申し込みという制度を設けており、本当に申込みをする際に、条件に合致してい…

メニュー

  1. 教育ローンの融資実行を早くしてもらうためのポイント
  2. 教育ローン審査を受ける前の注意点とは?
  3. 教育ローン審査に通過する為に必須の返済能力とは
  4. 早く教育ローンを利用するためにはネットを有効活用
  5. 教育ローン審査は慎重で金利が低い理由とは
  6. 教育ローンを利用するならここに注意だ
  7. 教育ローンは仮申し込みから始めよう
  8. 教育ローンを申し込める条件と審査内容とは
ページ上部へ戻る